妊娠出産で学ぶプロジェクトマネージメント

妊娠出産で学ぶプロジェクトマネージメント

妊娠出産で学ぶプロジェクトマネージメント

ページの先頭へ戻る

妊娠出産は体を温めることが大切妊娠出産は体を温めることが大切



妊娠出産は体を温めることが大切

妊娠中は体を冷やしてはならないと昔から言われているのですが、それは体が中から冷えてしまうことによって、太りやすくなってしまったり、出産がとても大変になってしまうからという理由があるのです。


妊娠するとすぐにつわりの症状が出るという女性が多いのですが、このつわりも体をなるべく温めておくことによって軽減することができるのです。


真冬なら使い捨てカイロを使用してお腹や肩の周りを温めることによって、血液の流れがよくなりますので、赤ちゃんに十分な栄養素を送ることができるのです。


体に首と名の付いている部分を温めることもとても大切で、特に足首を冷やさないようにするということで、体を自然と温めることができるのです。


冬の寒い季節には靴下を履いている上からレッグウォーマーをしたり、首にはネックウォーマーをすることで体を温めることができるのです。


春や夏は薄着になる季節でもありますので、体の冷えには注意しなくてはならない季節でもあります。


外が暑いからと言って、エアコンで部屋を冷やし過ぎてしまうことで、体を冷やしてしまいますし、乾燥することで妊娠線もできやすくなってしまうのです。


夏はキンキンに冷えている冷たい飲み物を飲むということがとても幸せに感じる季節なのですが、これも体を冷やしてしまう原因となりますので、冷やした飲み物ではなく、常温の飲み物にすることで、体を冷やさずに済むのです。


体を温めることで新陳代謝もとても良くなりますので、太りにくくなり、妊娠中の一番の悩みである体重管理を楽にする事ができるようになるのです。


ウォーキングなど体を動かすことによって、体重管理をしているという人もとても多く、体を動かすことによって体を温めるということもできますので、体調がいい時には積極的に体を動かすことをおすすめします。


体を温めるということは出産時にもとても重要で、出産時に体を冷やしてしまうことによって、お産の進みが悪くなってしまうということもありますので、体をぽかぽかするまで温めるということがとても重要なのです。


体がぽかぽかすることで、陣痛を促進することができますので、陣痛中に足湯をしたりすることで体を温めたりするという産院がとても多いのです。


特に夏はエアコンを入れないという産院もとても多くあるというくらい、冷えにはとても敏感なのです。


こういった体を温めることによって、妊娠中も出産時にもとても良い効果があるのです。


つわり食べ物

妊娠中に妊婦が気をつけることには具体的に何があるか妊娠中に妊婦が気をつけることには具体的に何があるか



妊娠中に妊婦が気をつけることには具体的に何があるか

妊娠というのは女性にとって最も嬉しい、人生の中で訪れる出来事の中でも最大にハッピーな出来事です。

特になかなか子供が出来なかった女性達にとっては、妊娠出来た時の喜びはひとしおでしょう。

しかし妊娠とは決して嬉しい楽しいことばかりではありません。

妊娠して妊婦となった以上、普段の生活の中で守らなくてはいけない様々な注意事項に制約されるのです。

妊婦は具体的にどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。


まず基本的な注意事項ですが、妊婦は妊娠期間中はなるべくお腹を冷やさないように気を付ける必要があります。

なので夏等にプールに行って泳ぐことが好きだった女性にとっては辛いかもしれませんが、長時間に渡ってプールで泳ぐことは避けた方が無難であると言えるでしょう。

もちろん長時間泳がなければいいのであって、短時間泳ぐことやプールの中を歩くことは、逆にいい運動になりますので安定期以降でしたらお勧めとも言えます。

それから特に夏等の暑い時期には冷房をガンガンにきかせて冷たい飲み物を飲むという女性も多いですが、やはり妊娠中は過度に身体を冷やすことは避けた方が無難であると言えるでしょう。

もちろん冷房等を全くつけないことも熱中症等になってしまう可能性を上げてしまうことになり、逆に危険ですのでお勧めしません。

ポイントはとにかく冷房等をつけ過ぎないこと、つけたとしても温度を下げ過ぎないようにすることが大切なのです。


それからこれもまた基本的な注意事項ですが、妊娠中は妊婦はとにかく転倒には十分注意する必要があります。

転倒することで流産を招いてしまうことだってあるのです。

なので外出する際にはなるべくヒール部分のないぺったんこの運動靴等を履いて外出するようにすると安全でしょう。

それから滑り止めのついている靴を履くとより安全です。

また歩き方についても、なるべくゆっくりと落ち着いて歩くことが大切です。

信号が変わりそうな時等に急いで走ったりしてはいけません。

それから雪等が降っている時期は、雪や氷によって転倒しやすくなっていますので、なるべくそのような時は雪や氷が溶けるまでは出歩かない方がいいと言えるでしょう。

車もスリップしやすいので避けましょう、自転車等は以ての外です。


それから暴飲暴食には十分気をつけること、睡眠時間の確保にも十分に気をつけることが大切です。

食べ過ぎると肥満になり出産の時に大変になりますし、睡眠時間をきちんと確保しなければストレスが溜まって流産のリスクを上げてしまうからです。


妊娠相性

不妊症の女性による原因と男性による原因不妊症の女性による原因と男性による原因



不妊症の女性による原因と男性による原因

不妊症の原因は女性側にある場合と男性側にある場合がありますが、そもそも不妊症とはどのような病気なのかを理解しておきましょう。



日本の夫婦の10組に1組が悩んでいると言われている病気で、定義としては定期的な性生活を送り、特に避妊などをしていないにもかかわらず、2年以上に妊娠をしない場合のことをいいます。



これは健康な男女が結婚をしていると約80%の夫婦が1年以内に妊娠をして、さらに約90%の夫婦が2年以内に妊娠をすることから、健全な性生活を送っているにもかかわらず2年以上妊娠をしないという事は、何かしらの原因がある場合が多いからです。



女性側の原因として考えられるのは、まず卵管障害になります。

卵管障害は受精の場所となる卵管が詰まっていたり細くなっていたりすることで卵子と精子が出会うことができない症状のことです。

この卵管障害は不妊症の30%から40%を占めていることから、最も大きな原因とも言われています。



次に考えられることが排卵障害で、卵子が育たなかったり、育ったとしても排卵できない場合を排卵障害と呼び全体の約25%を占めている原因となります。



子宮に異常がある場合にも引き起こされることがあります。

せっかく受精をしたとしても子宮内膜に異常があると、受精卵がうまく着床できなかったり、着床しても流産してしまうことがあります。



このほかにも子宮頸管の通過障害がある場合には子宮の入口である子宮頸管を精子が通過することができずに妊娠しないといったことが起こります。



男性側に原因がある場合もあります。

多い原因としては性交障害ですが、これは性行為の際にペニスが勃起しないという、いわゆるEDと呼ばれる病気のことです。



このほかには精管通過障害と呼ばれる病気で精子の通り道となっている精管が先天的な異常や開腹手術や事故の後遺症などによって、ふさがってしまい妊娠をしないという事です。



またそもそも精子が作られていない場合や作られてはいるのですが量が少なくて不妊症になる場合があります。

実は男性側の異常としては、この精子の異常が全体の80%を占めているほど、原因としては大きなものとなっています。



全身的な疾患や疲労によって引き起こされている場合もあり糖尿病などの内分泌疾患や過度の疲労、過剰な飲酒や喫煙なども精子を作る際に悪影響を与えてしまいます。



男女間の原因の場合もあり夫婦の適合性が悪くて妊娠できない場合もあり、このひとつとして考えられるのが抗精子抗体になります。

また以上の原因に当てはまらない場合もあり、その数は不妊症の全体の約10%にものぼります。


妊娠できない病気
Copyright (c) 2014 妊娠出産で学ぶプロジェクトマネージメント All rights reserved.

●メニュー